スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパート火災、近隣住民が救出するも住民男性死亡 東京・八王子(産経新聞)

 24日午前8時5分ごろ、東京都八王子市川口町の2階建てアパート1階に住む無職、森昌男さん(66)方から出火、同室約20平方メートルが焼けた。

 東京消防庁によると、近隣の男性2人が、森さんとみられる男性を救出したが、搬送先の病院で間もなく死亡。救助活動をした男性2人や、アパートの住民の女性1人が負傷した。警視庁八王子署は遺体の身元確認を急ぎ、出火原因を調べている。

 現場はJR八王子駅から北西に約4キロの住宅地。

【関連記事】
アパート火災で幼児2人が心肺停止 宮城・名取市
民家全焼85歳?仏間で死亡 岡山・美作
お手柄相撲部員 民家火災で4歳児救出 京都
幼児のライター遊び原因か 東京・練馬の幼児2人死亡火災
「自暴自棄に…」寮に放火容疑で作業員逮捕

「エヴァ」限定携帯、競売で詐取の夫婦逮捕(産経新聞)
野口宇宙飛行士 「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
外国人犯罪、5年連続減少=「生活苦」で窃盗、強盗増加-警察庁(時事通信)
<桂小春団治さん>史上初、国連本部で落語公演(毎日新聞)
<長谷川等伯>特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)
スポンサーサイト

東大寺 法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ(毎日新聞)

 奈良市の東大寺は22日、天平時代の創建で同寺最古の建築とされる法華堂(三月堂、国宝)の須弥壇(しゅみだん)を、来年度から3年間の予定で修理すると発表した。仏像を安置する壇で、本格的な修理は創建以来初めて。仏像も順次修理する。終了後、4体は新施設に移す予定で、「天平仏の宝庫」と言われる堂内の風景が変わることになる。

 須弥壇はシロアリの影響などで以前から劣化が指摘されてきた。現在は下からジャッキで固定しているが、地震対策もあり修理することになった。このため、今年5月18日から7月31日まで堂内の拝観を停止する。

 壇の上には、本尊の不空羂索(けんさく)観音立像や四天王立像(いずれも国宝)など天平時代の乾漆像9体と塑像5体、中世の木像2体の計16体が並ぶ。

 8月から拝観を再開するが、修理期間中は伝日光・月光菩薩立像、帝釈天像、梵天像(いずれも国宝)、地蔵菩薩像、不動明王像、弁才天像(いずれも重文)の7体だけで、9体は奈良国立博物館などに移して修理。南側の礼堂からガラス越しでの拝観になる。さらに、11年10月以降は、日光・月光菩薩など4体を境内に建設中の収蔵・展示施設「東大寺総合文化センター」に移す予定。

 また、法華堂の拝観停止中は、鎌倉時代の僧の肖像、重源(ちょうげん)上人坐像(国宝)が安置される俊乗堂を特別公開する。【花澤茂人】

【関連ニュース】
両堂記:東大寺二月堂全焼時の様子、詳細に 奈良博で公開
奈良県議会:東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり
本山葬:筒井寛秀さん=3月29日午後1時、東大寺本坊
東大寺:次期別当に北河原院主を選出
訃報:筒井寛秀さん88歳=東大寺長老

首相、労組との関係「応援は感謝するが…」(産経新聞)
そり競技相次ぐ失態 橋本団長、猛省促す(産経新聞)
マータイさん ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)
<成田空港>団結小屋の撤去命令、地上権を認めず…千葉地裁(毎日新聞)
<普天間問題>沖縄「国外・県外移設」初の意見書可決(毎日新聞)

普天間移設問題 「県外」要求意見書 沖縄県議会が可決(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、沖縄県議会は24日午前、政府に対し県外移設実現を要求する意見書を可決した。県議の代表者が近く、首相官邸や関係閣僚に届ける考えだ。

 移設候補地の検討作業を続けている政府、与党に「県民の意思」を突き付けた形。同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内に移設する「陸上案」など、浮上している県内移設案も牽制制(けんせい)する内容で、今後の政府側の議論や米国との交渉に影響を与えそうだ。

 鳩山由紀夫首相は24日朝、米軍普天間飛行場移設問題に関し「沖縄、米国ともほぼ同じタイミングで交渉、理解を求めるための努力を開始する必要がある」と述べ、沖縄県に配慮して米国との交渉を先行せず、並行的に交渉していく考えを示した。

【関連記事】
普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈
あれもこれもダメ…社民、普天間移設問題で“袋小路”に
普天間移設先月内取りまとめ 官房長官「防衛相と合意していない」
小沢氏ねだる? オバマ米大統領との面会、実現可能性は
シュワブ陸上案で首相「米側に打診してない」 平野長官は沖縄再訪問

ノエビア前副社長再逮捕へ 交際女性にも嫌がらせメール(産経新聞)
10対1の看護必要度「評価は毎日実施」(医療介護CBニュース)
派遣法改正案、政府案通り諮問へ…社民ら容認(読売新聞)
豪外相「調査捕鯨やめないと国際司法裁に提訴」(読売新聞)
<地震>釧路市などで震度2 午前10時15分ごろ(毎日新聞)

<鳩山首相>トラック運転手が表敬訪問(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日、首相官邸で、トラック運転手が安全運転の技能を競う第41回全国トラックドライバー・コンテスト受賞者の表敬訪問を受けた。首相は、実技と筆記試験を経て、内閣総理大臣賞を受賞した坪内大樹さん(35)ら男女4人に表彰カップを授与。「毎日が緊張の連続だと思う。トラックの輸送は日本の経済の屋台骨になっている」と語った。【竹地広憲】

【関連ニュース】
首相公邸:改修費は474万円 鳩山首相の転居時
長崎知事選:「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相
鳩山首相:政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません
普天間移設:「ベストを探す」首相が強調
鳩山首相:「すごい精神力だな」…高橋大輔「銅」

千葉大生殺害、竪山被告を強殺容疑などで再逮捕(読売新聞)
高橋、織田両選手に大声援=「やったぞ」「励まされた」-関西大(時事通信)
休校や学級閉鎖、3週連続減少=ほとんどが新型インフル-厚労省(時事通信)
【お財布術】「ネットスクール」編 一流講師とマイペースで(産経新聞)
火災 2幼児死亡 「中に子供」叫ぶ母 東京・練馬(毎日新聞)

最高税率上げ検討=所得税改革で-菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は19日の衆院財務金融委員会で、所得税の在り方について「日本ではこの10年間で最高税率が下がってきた。その見直しも含めて政府税制調査会で検討したい」と述べ、高額所得者に対する課税強化のため最高税率の引き上げを検討する方針を示した。共産党の佐々木憲昭氏への答弁。
 所得税の最高税率引き上げに対しては、鳩山由紀夫首相が共産党の志位和夫委員長との会談で前向きな考えを表明。菅財務相も同委員会で「現在の所得税では(所得の)再配分機能が低下している」との問題意識を示した。1986年には70%だった所得税の最高税率は段階的に引き下げられ、現在40%となっている。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

<北教組献金>普段使わぬ口座入金 小林陣営、違法性認識か(毎日新聞)
伊丹空港問題 橋下知事の話は竜宮城的?(産経新聞)
立ち退き求められ自殺か=80代姉妹? 民家庭に焼死体-大阪(時事通信)
<ウェッブ上院議員>グアム移転計画「日本の結論待ち」(毎日新聞)
10~12月期GDP、実質年4.6%増=3期連続プラス成長-内閣府(時事通信)

世界最高齢のユキヒョウ死ぬ=21歳9カ月-名古屋・東山動物園(時事通信)

 名古屋市の東山動植物園(千種区)は15日、飼育していた世界最高齢のユキヒョウ「パトラ」が死んだと発表した。パトラは雌で21歳9カ月だった。15日未明に老衰で死んだという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
伝統行事に「動物虐待」の声=文化財指定の当否判断へ
上野動物園のパンダ復活=11年に中国から2頭
「厚生官僚の大罪許さない」=小泉被告が最終陳述
石垣島で2万年前の人骨発見=直接年代測定で国内最古

投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件-東京地裁(時事通信)
国会議員アンケート 外国人参政権 民主党にも反対論(産経新聞)
<本山葬>筒井寛秀さん=3月29日午後1時、東大寺本坊(毎日新聞)
普天間、5月決着変わらず=平野長官が強調(時事通信)
国立西洋美術館本館を世界遺産に! 広がる活動の輪(産経新聞)

【往復書簡】リクルート事件、2人のキーマン(産経新聞)

 約20年前、元官房長官ら政官財の大物が続々と起訴されたリクルート事件で、容疑者と主任検事として対峙(たいじ)した2人のキーマンが、いま改めて事件と向き合った。

 元首相ら多くの政治家や官僚に値上がり確実な未公開株を譲渡していたことが発覚し、東京地検特捜部に贈賄容疑などで逮捕された元リクルート会長の江副浩正氏(73)。当時の特捜部副部長で事件の主任検事として捜査を指揮したほか、江副氏の取り調べも担当した宗像紀夫弁護士(68)。

 江副氏は当時、宗像氏らの取り調べに対して“自白”して贈賄を認める供述をしたものの、公判では一転、無罪を主張。最終的には有罪判決が確定したが、一体、あの“自白”は何だったのか。事件の真相とは…。「冤罪(えんざい)」「取り調べの可視化」「政治とカネ」など注目されている問題の核心が語られた。

                   ◇

 □リクルート元会長 江副浩正氏

 ■「有罪」今も無念に思う

 私は今も有罪判決を無念に思っています。東京地検特捜部に逮捕された後、贈賄を認める供述調書に署名をしましたが、それは本意ではありませんでした。

 宗像さんら取り調べ検事たちに「この調書に署名しなければ君を長期勾留(こうりゅう)する」「部下を逮捕する」と言われ、別の検事からは「壁に向かって立て」「土下座しろ」などと言われました。「苦しみから逃れたい」という私の弱さから、身に覚えもない調書に署名してしまったのです。

 逮捕から113日の長期にわたって勾留されましたが、現代の「拷問」といえるような取り調べや、早期保釈を条件に自白を迫る“司法取引”のようなことが、密室の取調室で行われている。それは問題ではないでしょうか。

 これは私の推測ですが、検察官は容疑者を起訴し有罪にすれば、昇進につながります。だから冤罪が起きるのだと思います。宗像さんは有能な検察官で、人柄も誠実でよい人でした。検察上層部の方針と、私の抵抗の間で苦悩していた姿が、今も思い浮かびます。

 冤罪をなくすためには取り調べを録画・録音する可視化が必要だと思います。しかも全面可視化でなければならない。一部だけ可視化すれば、検察側が都合のいいところだけ録画・録音し、逆に冤罪につながりかねないからです。

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件がメディアで注目を集めましたが、メディアとその読者の責任も重要です。「出るくいは打たれる…」と言いますが、リクルート事件の背景には、私がメディアに出過ぎていて、株でもうけるのは良くないという世間の風潮があったのではないかと思います。

 裁判で、1審判決が出るまで13年。執行猶予付きの判決であり、控訴しても、無罪になるためにはさらに長い時間と費用がかかると考え、裁判をやめました。裁判の長期化を防ぐためにも裁判員裁判に期待したいと思います。ただ、死刑の判断をしなければいけないような公判に裁判員を参加させることには疑問を抱きます。むしろ窃盗や贈収賄事件など、ほかのさまざまな事件で裁判員裁判が行われるべきだと思います。

                   ◇

 □元東京地検特捜部 宗像紀夫弁護士

 ■避けられぬ全面可視化

 リクルート事件は、私の36年間の検察官生活の中で最も記憶に残る記念碑的な事件でした。

 値上がり確実な未公開株の譲渡が単なる「経済行為」なのか「贈収賄」なのか、難しい法律問題がありましたし、江副さんをはじめ当時のリクルート関係者の抵抗も激しかった。真実の供述を求めて、取り調べでもギリギリの攻防が展開されました。だから江副さんからみて圧力を感じる調べもあったのかもしれません。真剣勝負でした。

 あれから20年。起訴した人は全員有罪になり、誤りのない事件処理だったと自負しています。いちいち反論するつもりはありませんが、一つだけ言うとすれば、保釈について説明したのは「司法取引」ではなく、否認のままだと証拠の隠滅の恐れがあるから「保釈は難しいですよ」と説明したのかもしれませんね。一般的に、犯行を認めていれば証拠隠滅の恐れがなくなるので保釈が認められる可能性は高まるのです。

 それから、検察官は昇進や出世のために人を起訴するわけではありません。検察官は、例外なしに強い正義感で日々の困難な事件に取り組んでいます。

 江副さんは若くして独創的な事業を興して、リクルート社を築き上げ成功した人だけあって信念の人という印象でした。当時も今も悪い感情は全くありません。なかなか折れにくい「生木のような」意志の強い人、「手ごわい敵」という感じでした。

 江副さんの言う通り、取り調べの全面可視化は避けられない流れだと思います。最近、冤罪があちこちで起きていますからね。取り調べは難しくなりますが、これは乗り越えなければならない試練だと思います。正式な司法取引制度の導入など、何か対抗手段を考えてもいいかもしれません。

 リクルート事件は、江副さんが「出るくい」だから打ったわけではありません。確かに当時、メディアに注目されていましたが、関係なく、あくまで川崎市助役の疑惑報道をきっかけに捜査した結果です。事件のスケールは違いますが、民主党の小沢一郎幹事長の政治団体をめぐる事件でも報道が過熱しました。ただ、あれは騒ぎ過ぎですね。

<天領日田おひなまつり>町並み豪華絢爛に 大分(毎日新聞)
村木被告から指示なし 前任係長、障害者団体と面会は認める(産経新聞)
「グリー」で呼び出し少女乱暴、容疑で組員逮捕(読売新聞)
おこちゃま政権のむなしすぎる国会論戦(産経新聞)
3億円架空増資の投資会社代表に有罪判決 東京地裁(産経新聞)

<宇高航路>3月廃止 100年の歴史に幕(毎日新聞)

 四国運輸局は12日、国道フェリー(高松市)と四国フェリー(同)が、高松市-岡山県玉野市(宇野港)間の航路を3月26日で廃止すると発表した。2社が同局に事業廃止届を提出、受理された。昨年3月に始まった高速道路料金の大幅割引による利用客減少が理由。同航路は現在、この2社しか運航しておらず、1910年6月に国が宇高連絡船を就航させて以来100年にわたる歴史に終わりを告げる。

【関連ニュース】
フェリー座礁:漁自粛の紀南漁協 24日にも再開へ
フェリー座礁:2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる
国交省:固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で
北九州市:釜山と門司間、5月に新フェリー就航
国際フェリー定期便:韓国・釜山と北九州・門司間、5月に新フェリー就航

<原口総務相>裏金、行政評価対象に 「全府省調べたい」(毎日新聞)
「報ステ」アナが人身事故=原付きバイクと接触、男性軽傷-東京(時事通信)
首相動静(2月17日)(時事通信)
性同一性障害の夫「嫡出子」認定を法相に直訴(読売新聞)
【十字路】車いすでちんどんビジネス(産経新聞)

<五輪スピード>「静と動」で初メダル…長島選手と加藤選手(毎日新聞)

 【バンクーバー栗林創造】バンクーバー五輪のスピードスケート男子五百メートルで、長島圭一郎選手(27)が2位、加藤条治選手(25)が3位に入り、今大会の日本選手団初メダルをダブルで獲得した。

 最終組が滑走を終えると、長島選手は指で数字を示しながら「何番? 何番?」と、周囲に自分の順位を確認した。一方、加藤選手はレースを終え、日の丸をまとったままじっとリンク脇に横たわっていた。静と動。「遅咲きの努力家」と「早熟の天才」。対照的な2人が、途絶えかけていた日本スピードスケート短距離界に灯をともす役割を果たした。

 「疲れた時ほど『疲れてきた』って言わないんです」。高村洋平コーチは、長島選手をこう評す。茶髪、けだるそうな受け答え。どこにでもいる若者風の長島選手も、スケートに対しては熱い心を持っている。13位に終わった06年トリノ五輪後は何もせず、故郷で一人ぼんやり過ごす日々が続いたのも、得られなかったものの大きさを痛感していたからだ。

 一方、加藤選手は、高校総体で史上初の五百メートル3連覇を達成した山形中央高校時代から「天才」と呼ばれていた。ところが、金メダルの大本命として出場したトリノ五輪は、高熱に見舞われて地力を発揮できないまま。高校時代の恩師、椿央(つばきひろし)監督は「山形に帰って来た時は、周囲でトリノの話には触れないようにしていた」と振り返る。

 この種目で複数の日本選手が表彰台に立ったのは、92年アルベールビル五輪以来2度目。表彰式後、記念すべきウイニングランをともにした。同じ所属先ながらも、これまで2人が並んでリンクを駆ける姿は見られなかった。長島選手は「同じチーム(の加藤選手)を気にすることはない。でも、どこかで負けたくない気持ちはあった」。加藤選手も「長島さんも金メダルを目指していたから、悔しいんじゃないかな」と話した。

 強いライバル意識と切磋琢磨(せっさたくま)は、これからも日本をレベルアップさせることだろう。

【関連ニュース】
五輪フィギュア:夢追う姿勢に観客共感…ペアの川口選手
バンクーバー五輪:整氷車、聖火台が故障…トラブル続き
五輪スピード:「育ての親」見守る 穂積、石沢選手
五輪フィギュア:趙、申組が4度目で頂点に…中国に初の金
五輪スピード:4番目代表の韓国・牟が金…「取れるとは」

<五輪スピード>長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生-大阪府警(時事通信)
<性同一性障害>小2の秋から「女の子」…性切り替え容認(毎日新聞)
「職責全うしたい」石川氏、議員辞職は否定(読売新聞)
<雑記帳>バレンタインにクジャクの羽プレゼント 福岡(毎日新聞)

<心臓移植>改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ(毎日新聞)

 難病の拡張型心筋症で東北大学病院(仙台市青葉区)に入院中の市立仙台二中3年、寺町沙也(さや)さん(14)が、米国で心臓移植手術を受けられるよう支援しようと、「さやちゃんを救う会」(本部・札幌市)が募金活動を進めている。15歳未満からの臓器提供を認める改正臓器移植法は7月17日に施行されるが、沙也さんは昨年末に「余命半年」と宣告され猶予はない。救う会は「沙也さんの命を未来につなぎたい」と支援を呼びかけている。

 札幌市内の中学に通っていた沙也さんは07年11月28日、ソフトテニスの練習後に倒れ心停止状態になった。市立札幌病院へ搬送され、同12月6日に再び心停止状態に。北海道内での治療は困難と、同日中に人工心肺などをつけて東北大学病院へヘリコプターで搬送された。

 心臓の左側が機能しないため、補助人工心臓を装着しているが、ほかの臓器に負担がかかり症状が悪化。早急な心臓移植が必要だ。

 米・コロンビア大学病院が受け入れを決めたが、費用は手術費など総額1億3000万円。救う会は「皆さんの善意にすがるしかすべがない」とし、父貴史さん(43)と母直美さん(41)は「札幌、仙台で救っていただいた命を米国でまた救っていただきたい」と一人娘への支援を訴えている。

 寄付の振込先は「さやちゃんを救う会」で、ゆうちょ銀行振替口座02730-4-46032。【高橋宗男】

【関連ニュース】
臓器移植:新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望
臓器移植:大阪で40代男性脳死判定 86例目臓器提供へ
社説:親族優先の移植 心情は理解できても
八王子医療センター:生存率、過大に説明 複数の患者らに
八王子医療センター:「不適切治療」公表せず

菅氏と松野氏に居眠り疑惑浮上 天皇陛下御在位20年記念式典(産経新聞)
GWG買収仲介で脱税会計士、韓国が引き渡しへ(読売新聞)
<亀井金融相>夫婦別姓など2法案に反対(毎日新聞)
2010年度診療報酬改定のポイント(2)(医療介護CBニュース)
「殺人は時効廃止」法制審部会が要綱骨子案(読売新聞)

資格ないのに交通事故示談交渉 弁護士法違反容疑で行政書士逮捕(産経新聞)

 弁護士の資格がないのに交通事故の示談交渉などの法律事務を行ったとして、埼玉県警は10日、弁護士法違反の疑いで、熊谷市の行政書士の男(46)を逮捕した。

 捜査関係者によると、男は平成19~20年ごろ、交通事故の被害者である埼玉と群馬の両県の各男性に対し、弁護士の資格がないにもかかわらず、交通事故の示談金の交渉などの法律事務を行い、示談金の約2割にあたる約300万円を受け取った疑いが持たれている。

【関連記事】
無資格で過払い金訴訟を提起し報酬 容疑の行政書士を逮捕 警視庁 
探偵会社役員を逮捕 無資格で弁護士活動
「弁護士バー」計画に弁護士会が注意文書
「弁護士バー」身内が待った 「民間との仲介業は法に抵触」
NPO法人が非弁活動疑い 青森県弁護士会が警告書

<囲碁>阿含・桐山杯が開幕(毎日新聞)
小沢氏「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』」(産経新聞)
殺人未遂容疑 男逮捕 3人切り付け1人死亡 東京・台東(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>男逮捕 3人切り付け1人死亡 東京・台東(毎日新聞)
山口安次郎氏死去(西陣織の最高齢織師)(時事通信)

ミュージシャン竹前容疑者を逮捕=自宅で大麻所持容疑-神奈川県警(時事通信)

 自宅で乾燥大麻を所持していたとして、神奈川県警川崎署などは10日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、ミュージシャン竹前裕容疑者(38)=東京都目黒区下目黒=を現行犯逮捕した。同署によると、「持っていたことは間違いない」と容疑を認めているという。
 竹前容疑者は、ヒップホップなどの「YOU THE ROCK★」(ユー・ザ・ロック)の名で活動している。 

刷新相に仕分け人、反転攻勢の“カンフル剤”(読売新聞)
圧倒された菅氏「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(産経新聞)
死亡した人が寄付、収支報告書に…首相認める(読売新聞)
<石巻2人刺殺>元交際相手の少年ら侵入後すぐに2階に(毎日新聞)
次官から部長降格も 公務員法改正案を公表(産経新聞)
プロフィール

ミスターゆうじあずま

Author:ミスターゆうじあずま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。