スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中井公安委員長の「路チュー」 地元では「やっぱり」の声(J-CASTニュース)

 女性スキャンダルが発覚した中井洽(ひろし)国家公安委員長(67)は、公安トップにあるまじきルーズな生活ぶりだった。SPなしで飲み歩いていたのでは、という疑惑も出ている。議員宿舎のカードキーを女性に渡していたとされ、「ハニートラップだったらどうするのか」といった疑問が噴出している。

 頭がやや薄くぽっちゃりした体型の中井洽国家公安委員長が、恍惚の表情で目をつむっている。週刊新潮の2010年3月25日発売号によると、これは合成写真ではない。その手前では、30代前半の銀座ホステスというほっそりした女性が背を伸ばしていた。

■「ハニートラップだったら大変」と批判

 新潮によると、これは東京・赤坂で14日に撮った路上キスシーンだという。中井氏は、12年前に妻と死別して独身のため、いけないとはいえない。問題なのは、日本の治安を守るトップにもかかわらず、SPを付けていなかったのではという指摘だ。さらに、同誌によると、中井氏は、議員宿舎のカードキーを女性に貸し出していた。宿舎の利用は、本人や家族などに限るとされており、安易ではなかったのか。

 さらに、防災担当相も兼務していながら、この日、福島県沖であった震度5弱の地震に対応していなかった疑いなども挙げられている。女性との映画デート中で、地震から約1時間半後に映画館から出てきたというのだ。

 中井氏は、週刊誌報道が分かった24日夜、記者団に対し、こう強弁した。「何か問題がありますか。カードを4枚もらい1枚を渡しただけ。規則なんてないし、届け出もいらない」。さらに、25日の国家公安委員会後に会見し、SPについては警備上の理由として弁明を避けたが、地震の対応については、携帯電話で秘書官と連絡したことを強調した。そして、辞任については強く否定した。

 とはいえ、ネット上では、万が一に女性が北朝鮮の工作員だった場合など、「ハニートラップ」だと大変なことになるとの批判が出ている。また、中井氏は、女性に週1回掃除してもらったと釈明するが、銀座ホステスが深夜の宿舎で掃除するとは思えないなどと疑問も続々上がっている。

■東京で羽根を伸ばし、まだ野党気分?

 女性スキャンダルと言えば、麻生政権時代に、当時の鴻池祥肇官房副長官が議員宿舎に女性を連れ込んだりしたとされるケースが記憶に新しい。表向きは健康上の理由だったが、後に副長官を辞任している。また、社民党の又市征治参院議員も3年前、週刊誌に女性スキャンダルを報じられている。

 こうした前例があるのにも関わらず、なぜ同じような轍を踏んだのか。

 中井洽国家公安委員長の地元、三重県伊賀市のある議会関係者は、こう指摘する。

  「与党になっても、野党の垢が抜けていないんじゃないですか。ちょっと脇が甘かったと思いますね」

 地元では、女性スキャンダルについて驚きは少なく、「やっぱり」との声が上がっているという。

  「奥さんがいないので、東京でだいぶ羽根を伸ばしているといううわさですよ。過去には、愛人が地元から東京に出向いたという話もあります。地元では、おとなしく目立たない人なんですが」

 なぜもてるようになったのかについては、こうみる。

  「人なつっこくて、コミュニケーションが上手ですね。それに、女性にはまめですよ。男前だと警戒する女性も、親しみを感じるのでは。それと、バッチの力もあるんでしょうな」

 新潮の「路チュー」写真には、こんなシールを貼った車も写り込んでいる。「法定速度 走行車です」。対照的に、東京に来て人が変わり、与党になっても野党気分が抜けずに、法定速度をはみ出してしまったのかもしれない。


■関連記事
「麻生の足の裏まで絵に描ける」 盟友鴻池副長官に女性スキャンダル : 2009/01/15
鴻池副長官辞任 「無料パスで女性と熱海旅行」と報道 : 2009/05/13
社民党幹事長VS「週刊新潮」 愛人報道めぐり「激突」 : 2007/06/21
「ニコ動」世論調査 4割が「支持政党なし」 : 2010/02/26
民主党ほど「弱者に優しい政党」はない : 2010/02/24

ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい-警視庁(時事通信)
<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)
井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決-JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」(産経新聞)
スポンサーサイト

企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低-厚労省調査(時事通信)

 厚生労働省が23日発表した能力開発基本調査結果によると、2008年度に企業が通常業務と別に行った社員研修など教育訓練に支出した費用は、労働者1人当たり平均1万3000円で、前年度の2万5000円からほぼ半減した。08年秋のリーマン・ショック以降の世界的不況を受け、多くの企業で教育訓練費の大幅削減を余儀なくされたようだ。
 また、通常業務を離れて行う教育訓練を、正社員に実施した企業の割合は前年度比8.5ポイント減の68.5%。非正社員に実施した企業は6.4ポイント減の33.2%。いずれも05年度以降で最低だった。
 調査は09年10~11月に全国6689事業所を対象に実施。有効回答率は66.7%。 

【関連ニュース】
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料
「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き
インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か-09年患者激減、「排除」へ正念場
不慮の事故死、なぜ地域差?=最高の高知、沖縄の2.7倍

死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
厚生病院・社保病院、条件合えば売却―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<消えた年金>第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中(毎日新聞)
<全日空機>副操縦士からアルコール検出 出発遅れる(毎日新聞)
橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)

細かすぎる? 長妻厚労相、指示1000件超(産経新聞)

 ポスターを張って、あいさつは大きな声で-。長妻昭厚生労働相が省内に出す指示が「細かすぎる」と職員から不満が噴出している。一部は指示書としてまとめられ、政権発足から半年で1千件を超えた。期日までに達成できないと「反省文」を課すケースもあり、職員からは「小学生ではあるまいし」と恨み節も聞こえ始めている。

 長妻厚労相からの指示は年金問題や後期高齢者医療制度など政策に関するものが大半を占める一方、「舛添要一前厚労相の公用ワゴン車は売却しろ」「年金機構の職員は大きな声で『いらっしゃいませ』とあいさつするように」といった細かな内容のものもある。

 男性の育児参加を呼びかけた「(ダンサーの)SAMさんのポスターを大臣室に掲示しろ」という、家事をしていなかった自身への“懺悔(ざんげ)”ともとれる指示のほか、報道対応への監視の意味があるのか、「取材など報道の可能性を察知した場合には政務三役に報告すること」「記者に会った際には話した内容を報告」といったものもあった。

 ある幹部は「従来の大臣も省を挙げて取り組むテーマには指示をしたが、これほど細かい指示が次々に来ることはなかった」とこぼす。

 一方の長妻厚労相は「大臣が『よきに計らえ』という政権ではない。指示が多いとは思っていない」と涼しい表情。政官の溝が深まっているようだ。

「私の組織で抹殺します」 部下脅迫の疑い、大和市職員逮捕(産経新聞)
藤川市議を擁立の方向=参院比例に-自民(時事通信)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か-京都・舞鶴(時事通信)
「温暖化基本法」疑問続々 「日本の成長止まる」 中部大・武田教授が指摘(産経新聞)
<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)

<札幌ホーム火災>未明の惨事、誘導難しく(毎日新聞)

 認知症高齢者を対象としたグループホームは90年代初めごろから導入が進んだ。国は97年度から運営費補助を始め、00年の介護保険開始後は在宅サービス事業の一つに認めたが、火災への対応は後手に回っている。

 06年1月に長崎県大村市のグループホームで7人が死亡した火災を受けて、スプリンクラーの設置を義務づける福祉施設の基準を「延べ面積1000平方メートル以上」から「同275平方メートル以上」に拡大する改正消防法施行令が09年4月に施行された。しかし、既存施設には12年3月末までの猶予期間が設けられ、NPO法人北海道認知症高齢者グループホーム協議会(札幌市)によると、会員420施設のうち2割に当たる約80施設がスプリンクラーの設置に着手したばかりという。加藤和也副会長は「面積が対象外であっても自主的に設置するよう会員に呼び掛けているところだった」と話す。

 また、人手不足も深刻だ。介護保険法は夜勤を「1人以上」と定めているが、経営的な理由で多くの施設は1人しかおけないという。グループホーム「のどか」(札幌市北区)の介護主任、安藤裕啓さんは「火事などの緊急時、昼なら3人いるからなんとかなるだろうが、(今回の火災のように)夜に1人で8人ものお年寄りを誘導するのは、困難だと思う。手順は分かっていても動転して避難誘導はどうにもならないのではないか」と言う。また、北区のグループホーム「ポプラ」の管理者、八島亜沙美さん(26)は「すぐにできることをやらないといけない。中には喫煙者もいるので灰皿の使用方法や台所周りのガスの点検を厳しくするなど、管理を徹底しなくては」と話した。【仲田力行、大谷津統一、中川紗矢子】

【関連ニュース】
札幌ホーム火災:噴き上がる炎「中に人。助けて」
火災:1人暮らし69歳死亡 兵庫・宝塚
火災:2棟焼き独居の86歳死亡 大阪
火災:グループホーム全焼 7人死亡 札幌
火災:民家焼き幼い兄弟死傷 北九州

同意人事、見直し求める=福島消費者相(時事通信)
エレコム、アイソレーション設計採用のUSBキーボード「TK-FCM015」
<仙谷担当相>独立行政法人の役員公募 閣僚の選考を念押し(毎日新聞)
大手町駅でテロ想定訓練、サリン事件15年(読売新聞)
桃鉄キャラ無断使用 風俗店や経営者を書類送検(産経新聞)

【十字路】長崎のカバ「竜馬」が鹿児島市へ(産経新聞)

 ◇…長崎県西海市の動植物園、長崎バイオパークで飼育されている雄のカバ「竜馬」が結婚のため、近く鹿児島市の平川動物公園に引っ越す。

 ◇…竜馬は昨年4月、日本初の人工保育で育ち「泳げないカバ」として有名になった母モモと、父ムーの次男として誕生。甘えん坊で好奇心旺盛な性格という。

 ◇…神戸市の王子動物園にいる雌ナナミと結婚する予定。長崎の伊藤雅男副園長は「カバの世界は『かかあ天下』。竜馬も尻にしかれそう」と心配している。

【関連記事】
静岡・日本平動物園の人気者「トッポ」死ぬ 
栄養失調でトラ11頭死ぬ 中国の動物園、餌不足で
和歌山生まれのパンダ「幸浜」が中国へ 目指すは「子作り」
世界最高齢のユキヒョウ死ぬ 東山動物園、21歳9カ月
10人で厳戒の中、脱走ニホンザルを公開 上野動物園

特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識(医療介護CBニュース)
自民への献金を日医連が凍結(産経新聞)
絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
<アカデミー賞>「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
元衆院議員、藤沢市長の葉山峻氏が死去(産経新聞)

<掘り出しニュース>東大などが「紙製」漁網研究 流失などを解決 堆肥化も(毎日新聞)

 【神奈川】平塚市袖ケ浜の沖合約100メートルにある東京大学の平塚沖総合実験タワーで、紙で作った漁網の実用化に向けた調査がスタートした。耐久性や生物の付着状態などを調べ、流失などが課題とされる従来の合成繊維製の網から転換を図る。使用後の堆肥(たいひ)化の可能性もあり、漁業関係者の期待が高まっている。【渡辺明博】

 東大と市漁協などが、新しい定置網の開発を目指した共同研究。水産業と農業の結びつきを深めるのも狙い。

 紙は繊維が長く強いものを使った。幅約65メートル、高さ90センチの実験用の漁網2種と従来の合成繊維の漁網を三角柱状に組み合わせた実験セットを水深約3メートル付近に設置。2カ月ごとにフジツボや貝類などが付着する様子を観察する。定置網はフジツボなどが付くと網目がふさがって重量が増え、急な潮流による流失事故が起きやすくなる。このため定置網漁業者は定期的に網を陸上に引き揚げ、生物を取り除く作業をしなければならない。労力とコストがかかり、改善策が求められていた。

 また、紙は微生物によって分解されるため、堆肥化も見込める。実験後に粉砕し、ホウレンソウなどプランター野菜の栽培に、どれくらい効果があるか実験を重ねる予定。

 市農水産課みなと水産担当は「網は5年前後しか持たないとされ、その後は産業廃棄物として処理されなければならない。しかし紙の網は、生物が付いても今度は農業に使えるという大きな可能性がある」と話している。

<久慈市長選>山内隆文氏が再選 岩手(毎日新聞)
朝鮮学校無償化適用 首相「決めてない」(産経新聞)
<富士山>山小屋の環境型トイレ故障、汚水垂れ流し(毎日新聞)
「口、鼻、耳から血が流れ…」再現される秋葉原殺傷事件の惨状(産経新聞)
【歴史に消えた参謀】吉田茂と辰巳栄一(2)遅すぎた「再軍備が必要」への転換(産経新聞)

11日にかけ大荒れの天気に=暴風や大雪に警戒-気象庁(時事通信)

 発達する低気圧の影響で、北日本を中心に10日から11日にかけて大荒れの天気になるとして、気象庁は9日、暴風や大雪などへの警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、四国沖にある低気圧が急速に発達しながら本州南岸から三陸沖を進み、10日夜に釧路沖に達する。その後も発達し、11日にかけて冬型の気圧配置が強まる。
 北日本の太平洋側や九州地方を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。10日の予想最大風速は北日本の陸上20メートル、海上28メートル、東・西日本の陸上15メートル、海上20メートル。
 また、東日本の内陸部では9日夕から10日明け方にかけて、北日本では11日にかけて大雪となる所がある。10日正午までの24時間の予想降雪量は、多い所で東北太平洋側60センチ、北陸・長野40センチ、北海道・山陰・山口30センチ。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

<手掌多汗症>手術後異常発汗 さらに2人提訴(毎日新聞)
直嶋経産相 低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
<朝まで生テレビ>田原氏発言「問題あり」BPO(毎日新聞)
<雑記帳>「移動朝市電車」車内で農産物販売…三岐鉄道(毎日新聞)
<内職教材商法>詐欺容疑で元社長ら逮捕 千葉県警(毎日新聞)

岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲-外相(時事通信)

 「『外務省はどうなっているのか』という記事があるが、わたしは全く気にしていない」。岡田克也外相は5日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐる平野博文官房長官、北沢俊美防衛相とルース駐日米大使との2日の会談に同席しなかったことについて、こう強調した。
 普天間問題では、平野長官が昨年末に移設先選定に当たる政府・与党検討委員会の委員長に就任して以降、岡田外相の存在感は薄まるばかり。今回の会談が表面化すると、一部で「岡田外し」と報じられた。
 会見で岡田外相は「(政府案が)まとまれば、外務省としてしっかり米国と交渉していく」と対米交渉への意欲を表明。移設先についても「あらゆる可能性がある」として、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移すとした現行計画も排除しない考えを重ねて示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<ラーメン橋>近くに店ないのに看板 福岡・香春の国道(毎日新聞)
「記者会見は全面開放すべき」 新聞労連が大手マスコミに提言(J-CASTニュース)
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!? 全国初、神奈川・受動喫煙防止条例の余波(産経新聞)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
難治性疾患対策の検討チーム設置へ―厚労省(医療介護CBニュース)

傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行-兵庫県警(時事通信)

 兵庫県三田市で昨年11月、5歳の女児に暴行を加え死亡させたとして、県警三田署などは5日、傷害致死容疑で、継母の無職寺本浩子容疑者(27)=秋田県小坂町小坂=を再逮捕した。同署によると、同容疑者は「その件については黙秘します」と話しているという。
 逮捕容疑は、昨年11月24日午後0時半から午後4時ごろにかけ、当時住んでいた三田市の自宅で、長女夏美ちゃん=当時(5)=に暴行を加え、急性硬膜下出血などによる脳機能障害で5日後に死亡させた疑い。 

【関連ニュース】
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」
運転トラブルで暴行、死なせる=出頭の43歳男を逮捕
傷害容疑で18人拘束=邦人ら負傷の芸術区襲撃

1月税収9%減=ボーナス減少響く-財務省(時事通信)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
脳脊髄液減少症、治療法の「保険適用を検討」-民主議連で厚労省(医療介護CBニュース)
元三菱商事社員を再逮捕 融資金名目で1億1千万詐取容疑(産経新聞)
厚年基金・健保記録で年金回復へ=新たな基準案検討-厚労相直属委(時事通信)

<小林氏陣営違法献金>日教組書記長「極めて残念」(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員陣営が北海道教職員組合から1600万円の違法献金を受けたとされる事件で、北教組幹部ら4人が逮捕されたことを受け、日教組の岡本泰良書記長は1日、「昨年の衆院選では民主党中心の政権交代への国民の期待が高まる中、教育公務員としての政治活動へのかかわり方など法令順守徹底を呼びかけてきた。極めて残念で、加盟する単位組合とともに信頼回復に全力をあげる」との談話を発表した。

【関連ニュース】
小林氏陣営違法献金:北教組幹部ら4人逮捕 札幌地検
北教組献金:普段使わぬ口座入金 小林陣営、違法性認識か
北教組違法献金事件:小林議員の関与を会計担当者が否定
小林千代美議員:北教組が1600万円違法献金の疑い
志位委員長:北教組の違法献金問題に言及

<北教組事件>「逮捕者は遺憾」文科相(毎日新聞)
吉本興業に再び脅迫状「どこに居ても、いつでも 手は届くぞ」(産経新聞)
<雑記帳>雪合戦の国際大会、壮瞥町で開幕…北海道(毎日新聞)
<超電導>氷点下255度で発現の有機化合物見つかる(毎日新聞)
<雑記帳>10年前のさい銭ドロを謝罪し返金 宇都宮(毎日新聞)

自民、小林議員の参考人招致を要求 北教組事件、衆院予算委で(産経新聞)

 自民党の加藤紘一元幹事長は2日午前の衆院予算委員会で、民主党の小林千代美衆院議員側が北海道教職員組合(北教組)側から違法な選挙資金を受け取ったとして北教組幹部が逮捕された事件に関し、小林氏の参考人招致を要求した。

 鳩山由紀夫首相は同委で「すべてこの国に生きる者たちは法令を守らなければならないことは言うまでもない。特に教職員ならば、なおさらだ」と述べた。その上で「大変遺憾に感じており、このようなことが起きない状況をいかに作り上げるかが私どもに課せられた課題だ」と語った。

【関連記事】
民主・小林陣営 違法献金の疑い 北教組幹部ら4人逮捕
「選挙は逮捕覚悟」 裏金の7割は幹部の飲み代 北教組元組合員
北教組の不正資金提供でさらされる労組丸抱え、民主に衝撃再び
北教組の不正資金提供 「本当に小林陣営だけなのか」との指摘も
北教組の深い闇 学校を支配する諸悪の根源「46協定」とは
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

クロマグロの禁輸阻止へ全力=農水相(時事通信)
防災無線アンテナ誤撤去、津波警報聞けず…高知(読売新聞)
小中学校の土曜授業、橋下知事が教委に要請(読売新聞)
賃金体系維持に厳しい姿勢=電機大手の春闘で経営側(時事通信)
中小企業支援マネジャーを再公募=新潟市〔地域〕(時事通信)

<職員の名誉棄損>教育心理学会の元理事長ら敗訴 東京地裁(毎日新聞)

 日本教育心理学会(会員約7200人)の事務局員、田尻美幸さん(47)が、事実と異なるメールを送信されるなど名誉を傷付けられたとして、元理事長の大学教授らに約4600万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は1日、200万円の支払いを命じた。大段亨裁判長は「メール内容を真実と認める的確な証拠はない」と述べた。

 判決によると、当時理事長だった教授は04年、別の理事に「田尻さんが直前まで事務局長だった男性大学教授と親密な関係にあり、不正に超過勤務手当を受給していた」と受け取れる内容のメールを送信した。判決は「親密な関係があったり、不正に手当を受給したと認めるに足りる証拠はない」と指摘した。

 田尻さんは元理事長らの嫌がらせで精神疾患を患ったとも主張したが、判決は因果関係がないとして退けた。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
医療事故書籍:集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定
校長自殺:名誉棄損見直しか 最高裁が弁論
映画「蒼き狼」訴訟:角川事務所が勝訴 文書は名誉棄損
東京女子医大名誉棄損訴訟:医療事故書籍、集英社と毎日新聞記者の賠償命令判決確定
「蒼き狼」賠償訴訟:角川が勝訴

<宮城アパート火災>心肺停止状態の4歳女児死亡(毎日新聞)
<松田参院議員>自民に離党届、元秘書が民主で出馬(毎日新聞)
シンプルに栄養摂取 モンゴルの味 体を温める羊肉 ダイエットにも効果(産経新聞)
「政治とカネ響いた」 長崎知事選大敗で閣僚ら(産経新聞)
自民・舛添氏「翻訳で行き違い」 谷垣総裁進退言及で釈明(産経新聞)

副看守長ら4人、二審も有罪=刑務所革手錠暴行-名古屋高裁(時事通信)

 名古屋刑務所の受刑者集団暴行事件で、革手錠で締め付け2人を死傷させたとして、特別公務員暴行陵虐致死傷罪などに問われた副看守長前田明彦被告(48)ら刑務官4人=休職中=の控訴審判決公判が26日、名古屋高裁であった。下山保男裁判長は、4人を執行猶予付き有罪とした一審判決を支持し、無罪を求めた弁護側控訴を棄却した。 

<国民新>「保守」強調 夫婦別姓、外国人選挙権に「反対」(毎日新聞)
チリが被害を抑えた理由は 建築に厳格な耐震基準 徹底した防災教育実施(産経新聞)
鍼灸院経営者ら2人逮捕=無資格はり治療で女性死亡-業過致死容疑など・大阪府警(時事通信)
首相の公邸改修費用、締めて470万円(読売新聞)
聖福寺の池改修事業が完成=福岡〔地域〕(時事通信)

おしゃれな春バッグ続々 素材や色を上手に選んで 革製品より手軽な値段に注目(産経新聞)

 明日から3月。日によっては肌寒い初春でも、無理なく最新のおしゃれを楽しめるのがバッグだ。服や靴に比べて気温に左右されにくいうえ、革製品より手軽な値段である点も注目されている。素材や色を上手に選んでバランスの良いコーディネートを目指したい。(小川真由美)

 ◆幅広い服に対応

 ラフィア(ヤシの葉)のバッグや帽子で知られる豪ブランド「ヘレンカミンスキー」。バッグは数日間乾燥させ、細いひも状にしたラフィア職人が手作業で編んだものだ。薄い黄檗(きはだ)色のようなナチュラルな色と折り曲げても傷まない独特の質感が支持され、昨年、海外の売り上げが米国を抜き日本がトップになった。

 同社が提案するのは持ち手や装飾に革を使ったものや、黒やこげ茶など濃い色のバッグ。春先の肌寒い時期や平日に黒などベーシックな服装を着る人でもバッグが軽くなりすぎず、コーディネートしやすい。実際、1月下旬から販売し始めた黒のバッグは完売するなど好調だという。

 PR担当の勝山智子さんは「リゾートだけでしか使わないのはもったいない」とアピールする。

 一方、西武渋谷店では昨年11月、日本に初出店した伊ブランド「パガニーニ・ミラノ」が好調だ。同ブランドはルイ・ヴィトンなど複数の有名ブランドに生地を供給していることで知られるが、3年前に自社ブランドを創設した。

 ポリエステルや綿などさまざまな糸を使ったジャカード織(紋織り物)の生地が最大の特徴。複雑な柄でも一枚織りで作られているうえ、金具も内部をくり抜いているので、小ぶりのバッグで400グラム程度と軽い。独特の織りで微妙な凹凸感や色合いがあり、光の加減で生地の色味が変化するので見た目も軽やかだ。

 広報担当の有可展能(ありか・のぶよし)さんは「革と金具を適度に配置しているのでカジュアルすぎず、幅広い服装に対応できる」と話す。

 ◆森ガールで注目

 国内最大規模のショッピングサイト「ZOZOTOWN」(昨年末時点で1052ブランドを展開)でも、例年6、7月に出回るカゴバッグが、今年は多くのブランドで先月末から先行受注の形で販売開始。同サイトを運営するスタートトゥデイ・ストア企画開発部の小川千絵さんは「革のかばんより原価が安いため不況下でブランド側が強化し始めたうえ、“森ガール(ワンピース姿の少女風スタイル)”のブームで注目されている」。

 造花やレース、コサージュなど装飾品が多いデザインが今年のトレンド。華やかな印象ながら価格が7000円前後と手ごろなのもうれしい。ウールなど重量感のある素材や鮮やかな色以外であれば、季節を問わずおしゃれのワンポイントとして重宝しそうだ。

 春の新作バッグを持てば、“巣ごもり”を返上して思わずお出かけがしたくなるかも。

「夜間無人で意外に金ある」幼保専門ドロ逮捕(読売新聞)
関西テレビ制作・月曜夜10時枠の連続ドラマ
現場の目線に立った医療行政を―レセオンライン訴訟が終息(医療介護CBニュース)
ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難(産経新聞)
霊能力者と信者を殺人容疑で再逮捕へ 大阪府警(産経新聞)
プロフィール

Author:ミスターゆうじあずま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。